暮らし

猛暑で出かけるのも一苦労の夏休み!家でのイライラを減らす方法

この度の西日本を中心とする豪雨で被災された皆様ならびに、そのご家族の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

いつもご訪問ありがとうございます。

今年は例年に比べ猛暑が続いていますが、皆様体調はいかがでしょうか?

この夏休みにこの暑さ!出かけるのも億劫になりますね。

そうはいうものの、子ども達と家の中で過ごす事が多くなります。

よくあるパターンとしては、

暑過ぎるので家の中で過ごす

子どもの宿題、投げっぱなし、やりっぱなしなど家族の気になる事が目についてイライラ

イライラから逃れるように子どもとお祭りやイベントに連れて外出

お祭りやイベント景品などをもらう

家の中に様々なモノが散乱

また家の中でイライラ・・

暑さでイライラ・・

「ももぉ—!!やめてーーー!!!」

心も折れそう!!MAX!!!

というパターンはよくある事ですね♪

そこで、このイライラは少しでも減らしたいところです。

毎日少しずつでもいいので、試しに床に置かれてしまっているモノを視界から外す作戦をとってみてください

家の中にいると、視線は下の方にいきがちです。床に、子供の宿題、自由研究のやりかけ、図書館で借りた本、お祭りでもらった景品・・どんどん床にモノが置かれるようになると視線もそこへ集中してしまうので、ひとつだけルールを決めます。例えば「床にモノを置かない。」または、「ダイニングテーブルを使っていないときは何も置かない」。何か聖域を作ってみると、全部お片づけが難しい場合、そこだけ「何もない状態」があるだけでイライラは軽減します。

床にモノを置かない状態を作る為に、どうしても収集がつかない場合は、例えばお気に入りの大きなカゴでもボックスに、「モノ避難ボックス」を設置してみて、いっぱいになったら子供と見直すのもひとつの方法です♪ぜひお試ししてみてください

「夏休み!親子でパワーアップ↑お片づけワーク」を開催します!

夏休み中の家でのお子さんとの過ごし方のヒントになればと思います♪

詳細はこちら

error: Content is protected !!